Loading…

スポンサーサイト

Posted by SJ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット世論と日本の未来 -「国連の存在、意味があると思う?」-

Posted by SJ on 22.2016 日本社会   0 comments   0 trackback

yahoo.jpg


「国連の存在、意味があると思う?」

Yahooでこんな意識調査が行われていて、まず設問に驚いたけれど、(暫定の)投票結果にもっと驚いた。
投票者の実に3分の2が、国連の存在には意味がないと思っていること。
ついでに、投票者の圧倒的多数(約84%)が男性ということ。

まず、「国連の存在、意味があると思う?」という極端な設問は、国連の存在意義を疑問視している人間からしか出てこない(と思う)ので、設問自体が主観で歪んでいる。
国連の存在意義に疑問を持っている人でなければ、こんな根本的なところに焦点を当てず、「国連は求められる役割を果たしているか?」といった設問を用意するだろう。
大戦後何十年も存在し続け、今も世界中で活動している世界秩序維持のための機関を取り上げて「意味があると思う?」というのは、自然に湧いてくる疑問とは思えない。

実際、コメントを見てみると、「戦勝国がー」「拒否権がー」「紛争解決能力がー」といった内容が多いので、存在意義云々というより国連は機能不全だ、という意見が主流なのかと見える。
ただし、コメントがどの選択肢に投票した人のものは区別できない作りになっているので、投票内容(「意味がある」 又は 「意味がない」 又は 「わからない」)と回答者の意図のずれがどの程度かはわからない。
とは言っても、(「わからない」は除外するとして)こんな巨大国際機関の存在意義は、ある・ないの二元論で語べきものではないはず。
そもそも、存在意義とは、自動的に降ってくるものではなくて、履行される中で生み出されるものではないのか?
国連を意義深いものにするのは、ほかならぬ加盟国、つまり我々自身のはずではないか。


この手のネット投票は、多分そのトピックに関心のある人しか参加しないので、否定的な意味で強い関心を持っている、要はアンチ国連と言うべき人々が殺到して「意味がない」票が伸びているのだろうと思われる。
しかし、それにしても、反対に「肯定的な意味で強い関心を持っている人」が少ないのだとしたら、それは国際社会で(主に国連への拠出金という観点で)主要な地位を占める国の国民としては、かなり心もとない。

シリア内戦やら難民問題のニュースが出るたびに、国連の対応力を批判する意見が多いことには前々から気づいていた。
けれど、それが「国連改革を!」とか「日本の発言力の向上を!」とかいった建設的な方向に向かわず、その代わりに、本当に「国連の存在は意味がない」といった考えに収束してしまうのだとしたら、色々な意味で大きな不安を覚える。

意味がない、と切って捨てるのは容易い。
事実、国連の仕組みには問題もあるし、対応できない課題も多い。
しかし、それを理由に存在そのものを否定してしまうのは、どう考えても乱暴、というか短絡的ではないか。
切って捨てるその背景に、十分な知識と理解に基づいた深い思慮がないのなら、それは思考の放棄以外の何物でもない。

思考を放棄する者には改善もないし、革新もないし、向上もない。要するに、よりよい未来がない。

また、参加者の大半が男性であることにも一抹の不安を覚える。
国連というトピックに関心を持つ女性が少ないのであろうか。
国際協力の分野では男性よりも女性の活躍が目立つのだから、本来なら女性の参加が多くても不思議はない。
そういった女性はこういう場での意思表明に関心がないのであろうか。
いずれにせよ日本は圧倒的に男社会で、政治、経済、社会とあらゆる面で今も男性が覇権を握っている。もし国家の重要課題に対して女性が意見を持っていなかったり意見を述べたがらないのなら、それはそのまま、日本という国家の将来にも影響しうる。

私はこの意識調査が日本の縮図でないことを願ってならない。
日本には、建設的な思考に基づいてよりよい未来を切り開いていける人々が多くいるのだと、そして、女性は日本の未来にもっと積極的にかかわっていける強い存在なのだと、ただそう願ってならない。

スポンサーサイト


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://sjinnigeria.blog100.fc2.com/tb.php/41-c81a5478

プロフィール

SJ

Author:SJ
大阪生まれ、東京かぶれ、オーストラリア、ナイジェリア経由、2013年英国にてアフリカ研究修士号取得。
関心事項はアフリカ、開発、国際情勢、日本の政治・社会、メディア。
趣味は海外旅行と映画鑑賞、写真撮影。
世界で一番好きなものは猫(大小問わず)。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。