Loading…

スポンサーサイト

Posted by SJ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレンジ色の世界で -イラク・シリア難民キャンプ-

Posted by SJ on 06.2014 旅行・出張   0 comments   0 trackback
何か月も更新が止まってしまいました。
前回と同じく、今回も出張先からの更新です。

現在筆者は仕事でイラク北部のクルディスタン地域(クルド自治区)に来ています。

さしあたりの拠点はアルビル市。
仕事の現場はここクルディスタンに点在するシリア難民キャンプ。

外務省の渡航情報ページの色分けはアルビル市が黄色、その他クルディスタン地域がオレンジ。
白抜きもあわせて五段階の色分けのうち、一番危険とされる赤は一般の邦人は退避勧告・渡航禁止なので、それに次ぐオレンジは実質渡航可能な中で最も危険度が高い地域ということになります。
筆者は今回(おそらく)初めてオレンジの世界に足を踏み入れました。
(ナイジェリアでクロスリバー州に行った当時、あそこは黄色だったかオレンジだったか・・。)

外務省の色分けについては別に一本記事を書けるくらい色々思うところがありますが、それは今回は脇へ置いておいて。


筆者は今回、難民キャンプというところに初めて足を踏み入れました。
よくUNHCRの広告なんかで目にする、砂地に延々と白いテントが並んだ光景。
あれが目の前に広がって、その中を歩くのです。


どんな悲惨な環境で、どんな悲壮な顔をした人が暮らしているのだろうか。
キャンプじゅうに病がはびこり、子供は栄養失調に苦しんでいるのだろうか。
そう思うでしょうか。


それは必ずしも難民キャンプの真実ではありません。

難民キャンプで筆者を迎えたのは、

凧上げをして楽しげに遊ぶ子供たち、
テントに手招きしてお茶に誘ってくれるお母さん、
そしてキャンプ内にぽつぽつと並ぶ小さな商店や露店。

そこにあったのはごく当たり前の人の営みで、無邪気な笑い声で、しなやかな生命力でした。

実際、このあたりの難民キャンプは「五つ星キャンプ」とも呼ばれる、比較的整備の行き届いたものです。
一方で、世界には本当に劣悪な環境の難民キャンプも存在すると言います。
今であれば中央アフリカや南スーダンから10万単位の難民が発生していますが、国際社会からの援助資金はほとんど集まっていません。
隣国へ逃れても、その国の政府にもそんなに資金的余裕はありません。
彼らに比べたら、きっとここにいるシリア難民は幸運で、恵まれた環境にいると言えるのでしょう。


では、なぜ。
なぜ中央アフリカや南スーダンの難民を差し置いてシリア難民が未だに世界の関心を集めるのか。
おそらく規模の問題もあるでしょう。
シリア難民は現在約250万人。中央アフリカ、南スーダンはそれぞれ20万人程度。
加えて、アラブの春から続く中東地域への世界の注目。
その他、きっと途方もなく大きな渦のような、政治的な理由も存在するのかもしれません。

援助の世界に身を置いていると、いろんな渦があちこちで蠢いているのが見えます。
営利企業にいた時も、政府機関にいた時も、市民社会にいる今も、
その渦の流れに抗うことはできなくて、渦ごと壊す力もなくて、
ただただいきどおって、たまに自分の軸を揺さぶられるような体験をします。

途方もない渦を前に、絶対的な正義など無いと知って、
それでもこの世界にとどまる。

たぶん筆者は、ただ美しいものを見たいだけなのです。

難民キャンプの小学校で子供に笑いかけると、はにかんだように笑顔を返してくれます。
たぶん片手で数えるほどしか知らない英語の言葉で、盛んにこちらに声をかけます。
授業中でも、校舎がわりのテントの窓をめくってはこちらに笑顔を投げかけます。
毎日WFPから配られる栄養補助ビスケットを筆者に渡して、頬にキスをしてくれます。

こんなに愛おしくて美しいものを目にして、背中を向けることなど誰もできないでしょう。
虚構の正義でも政治の渦でも、その中でいいように動かされているのでも、もうきっとどうだってよくて、
ただただ、私は彼らの中の綺麗な思い出になりたい。
今夜眠りについて明日には忘れるような、つかの間のものでもいいから、
できればいい人間として、できればいい日本人として、彼らの綺麗な思い出になりたい。


この世界を志したその日からずっと、私は生を希求する人が好きです。
与えられた環境で精いっぱい努力して楽しく生きる。
そういう姿勢に、日本にいては見つけがたい美しさが見えるのです。

そういう美しさをここで見られたという意味で、難民キャンプは私をもう一度原点に連れ戻してくれました。

まだしばらくこの地のとどまって、彼らのために仕事ができることを嬉しく思います。

スポンサーサイト

殺戮、のち楽園 -スリランカの過去と未来-

Posted by SJ on 16.2013 旅行・出張   0 comments   0 trackback
今回は出張で訪れているスリランカからお伝えします。

スリランカは、あまり海外に行ったことがない筆者の母親が昔行ったことのある国で、
なんとなく思い入れがあり、筆者自身もいつか行ってみたいと思っていました。

スリランカは旧英領で、
もともと植民地経営の一環のプランテーションで栽培され始めた紅茶が今も有名ですね。


足早に冬へと向かう日本の山間部から出張者として初めて訪れた私には、
温暖で色とりどりの花が咲き乱れ、陽気でにこやかな人々であふれたこの国は、
さながら楽園のように見えました。

実際、スリランカには美しい砂浜のビーチがいくつもあり、
ビーチリゾートして世界各地から観光客を集めています。
他にも、アーユルヴェーダというエステのようなものは世界的に有名で、
女性に絶大な人気があります。


しかし、スリランカの歴史は最近までずっと不安定で、
タミル人反政府組織と多数派シンハラ人率いる政府軍が激しい戦闘を繰り広げていたのは、
つい数年前の2009年のこと。

内戦末期、政府軍のゲリラ殲滅のための猛攻はすさまじく、
この時期に人間の盾として殺された市民の数は数万にのぼると言われます。
その際の映像を、英国メディアのチャンネル4というテレビ局が世界に発信し、
世界的に大きな反響を呼んだそうです。
今年、その映像に基づいてNo fire zoneという映画が製作されたそうですので、
ご興味のある方々のために、リンクを置いておきます。
http://nofirezone.org/


このような悲惨な殺戮の舞台となった地、スリランカ。

現在も中央政府は多数派シンハラ人が多勢を占め、
非シンハラ人の住む地域では開発事業が遅れがちです。
また、選挙での票田を確保するために、住民を意思に反して移住させたりと、
その政治は今も独裁色を強く帯びています。

政府関連施設へ行けば"Unity is strength"(「統一こそ力」)の美辞麗句が踊り、
施設に入れば目に付くところに大統領の写真が飾られています。

高級ホテル等の経営は大統領の家族が行い、大統領一族は私腹を肥やしています。
また、内戦時に動員された兵士がその後路頭に迷うことのないようにするため、
あちこちに見張りの兵士を配置し、
最近は観光客向けの事業を兵士が行っている例もあるそうです。

他方、インド及び中国から多額の資金が流入し、幹線道路、高速道路の整備が進んでいます。
しかし、中国からの資金はODAのような援助枠ではなく高い利子を伴う融資であり、
スリランカの国庫は自転車操業。

それに輪をかけるように、スリランカは今年、
2年に一度英国と旧英領の国々の代表が集うCommonwealth Heads of Government Meeting (CHOGM) を開催し、
使節の宿泊するホテル等を自費で手配したそうです。
このツケが、今後税金という形になって国民に降りかかってくるのだろうと、現地の人々は話しています。

ただでさえ急速に物価が上昇するスリランカにあって、
一般の国民への還元を何も伴わないこのようなイベントへの多額の出費は、
政府への反感を助長する以外の何の効果も持ちません。



一見すれば楽園のような、美しく穏やかな国、スリランカ。
咲き誇る花々を育てたその土地は、つい数年前まで殺戮の舞台だった土地。
今も続く政治の腐敗、積み重なって膨らんでいく人々の政府への反感。

この国はどこへ向かうのでしょうか。

殺戮、のち、楽園だとしても、それは誰のための楽園でしょうか。

この国を楽園ととらえ、気軽に観光に行くのがいけないと言っているのではありません。
けれど、この国の今が凄惨な歴史の上に成り立っていることや、
今も政治的な火種を抱えた不安定な国家であることを、
どうか少しでも心に留めて欲しいと思います。

万人のための楽園などなくても、苦しむ人が一人でも少なくなるように。


あと10日ほどスリランカに滞在します。
仕事の面でも、いち個人としても、実り多い滞在にしたいと思います。


毎度長文ですが、お読み頂いた皆様、お時間をありがとうございました。
  

プロフィール

SJ

Author:SJ
大阪生まれ、東京かぶれ、オーストラリア、ナイジェリア経由、2013年英国にてアフリカ研究修士号取得。
関心事項はアフリカ、開発、国際情勢、日本の政治・社会、メディア。
趣味は海外旅行と映画鑑賞、写真撮影。
世界で一番好きなものは猫(大小問わず)。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。