Loading…

スポンサーサイト

Posted by SJ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜明け前の空想

Posted by SJ on 11.2013 イギリス   0 comments   0 trackback
修士論文提出まで、残りわずか3週間。

論文の提出後は、10日空いて、2日連続で3時間の論述試験。

英国での9ヶ月の修士課程も佳境、もはや精神力との戦いです。
できると信じていなければ、焦って簡単に心が折れそうになる日々。

昨日、お昼前に担当教授とのミーティングを終えて、
午後から図書館で8時間過ごし、
帰って来て眠たいはずなのに眠れず、もはや早朝。なにをやっているんだか。

このような、(勉強で)頭を使いすぎて眠れない夜が、結構あります。
睡眠時間的にも、生活リズム的にも、眠れるはずだし、眠りたいのに、眠れないというもどかしい状態。

これを勝手に「知恵熱」と呼んでいるのですが(熱はないのですが)、
この状態になってしまうと、眠れない一方で、勉強に戻る程の集中力は無くて、
睡眠が短くなって生活リズムが乱れる、いいとこなしの厄介ものです。

こういう時はだいたい、電気も消したまま、相棒のアイフォンでネットを徘徊します。
徘徊と言うか、いつも見るものは決まっていて、
まあ、要は、VIPPER速報を見ています。

VIPPER的に言うと完全なROM専だし、VIP板本体は見なくてまとめしか見ないので、
本当に純粋な暇つぶしですが、
たまに面白くて噴き出したり、納得のいかない意見に勝手に憤ったり、
なんとも人間臭い営み(のつもり)です。
とは言ってもちょっとしたまめ知識も増えるし、
人の意見を見ているのはそれだけで面白いし、いい刺激になります。


そして、今夜も例のごとくVIPPER速報を見ていたわけですが、
たまたま、一部で有名らしい、げんふうけいさんという方の短編小説が目に留まりました。

VIPPERには、自分の体験談をちょっと脚色したり、体験談と装って物語を書く方がけっこういて、
そういった作品にはいつも楽しませて頂いているのですが、
この方の作品は、そういったネット小説(?)の中でも抜群のセンスを感じました。
先ほど初めて知ったので、最近の2作しか読んでいないのですが、とても心に残りました。

というのも、まず、設定が完璧なファンタジーなんです。
かといって、現実から離れすぎることもなく、
リアリティと空想の中間を漂うような、心地よい、自然な読み口で物語は進みます。
登場人物はもちろん人間で、それもとても人間的な人間で、
語り部となる主人公の、こちらに語り聞かせるような文体に、自然と物語に引き込まれます。

と、フィクションをあまり読まない人間があれこれ言うのもナンセンスなので、
これ以上何も言いませんが、端的に言うと、
読みやすくてさわやかで、ハッピーエンドではないけれど希望が持てるエンディングの、
素敵な物語を書く方です。げんふうけいさんと呼ばれる方。
なんとまだ22歳の大学生だそうで、末恐ろしいものを感じます・・。
と同時に、日本の若者が活躍し輝いているのを見るのはとても良いものです。

ブログの趣旨と完全に離れていますが、いいものを見つけたら人に教えたいのが人情ですから。

そんな素敵な夜のお供のおかげで、今朝からまた論文に打ち込めそうです。

今私の頭の中の9割くらいを占めている修士論文ですが、
触れるべき点が多く、まとめきれるか少し不安はありますが、
持てる時間を有効に使って、今後の人生において恥じないものに仕上げたいと思います。

何を書いているか、少しだけ紹介します。

メインの調査対象はエチオピアの某プロジェクトで、
タイトル的には開発学のカテゴリに入りそうなのですが、
関連の政策についての議論が多く、結論も政治色の強いものになりそうです。

学部の時の専攻が政治学だったので、どうしても政治的なものに関心がいってしまうのもありますが、
エチオピアは政治的に非常におもしろい国です。

体制は民主主義ですが、実質は開発独裁を模範とする一党独裁で、
言論の自由など議論もされません。
現地調査で一番面白いと思ったのはテレビ。
チャンネルは2つしかないのですが、両方が国営放送で、
ダムの建設現場や橋の建設現場などをBGMに乗せて延々と流し、
政府の「開発」への貢献をアピールする装置です。
と、こんなことをエチオピア国内で現地語ないし英語で発信しようものなら、おそらく御用でしょう。

長い歴史と誇り高い人々、拡大する機会、続く高成長率。
治安も比較的安定していて、一見うまくいっているように見えますが、
政治的な制約は非常に強く、閉鎖的で危うい国です。
そこでの「開発」について、プロジェクトと政策との絡みを分析し、
政治的な議論ができれば、面白い論文になる、

との教授からの久々の前のめりなコメントを受けたものですから、
ええ、もちろん、

今日も一日図書館にこもります。

歴史的な建物に溢れたこの町で過ごす春はあまりに美しく、
何も考えずに芝生で花を愛でる、なんて優雅な週末を過ごせないのが口惜しいですが、

人生最初で最後の本格的な論文です。



さあ、夜が明けた。

今はこれに全てを注ぎます。
スポンサーサイト

この一年、これからの一年

Posted by SJ on 23.2013 イギリス   0 comments   0 trackback
私事ですが、本日三月二十三日は筆者の誕生日です。


ブログの趣旨とは外れますが、
この機会に過去一年を振り返りつつ、
これからの一年の抱負でも書きとめておこうと思います。


一年前の今日、私は地元である大阪にいました。

遠くナイジェリアの地で過ごすはずだった一年と二ヶ月を、訳あって失って、
帰国の途に着いたのがその前の年の十二月頭。
二、三の試みはしたけれど、手詰まりを感じ、方向転換をしたのがその年の暮れ。

方向転換の先に見据えたのが、大学院進学でした。

もともと、学部生の頃から、英国で修士号を取得するというのは一つの大きな目標でした。
三年前後、社会を経験して、それから進学、とプランを描いていました。

振り返ってみれば、ちょうど社会人四年目から修士課程を開始できたので、
人生設計どおり、と見れば見えます。

でも実際はそんな順風満帆な道のりではありませんでした。

ナイジェリアから帰国するに至った経緯については、公に晒すことができませんが、
兎にも角にも、私のナイジェリアでの生活は
残り一年と二ヶ月を数えたところで唐突に終わりを告げました。

丸三日泣いて、それでも皮肉の一つも言わずに耐えたけれど、
帰国便に乗る日、お別れの挨拶では、たぶん笑顔を作れていなかったでしょう。

今振り返っても、今までの人生のどん底があの時だったと思います。

もがいて、憤って、諦めて、最後の生命線としてすがったのが進学という道でした。
私は誰にも潰されないと、どうにかして示したかった。
原動力は恨みであり、復讐であり、プライドでした。

そんな私でも、快く助けてくれる人たちがいました。

学部時代の、ゼミ生でもないただの大教室での講義の受講生だった私を、
ただ一度質問しに行ったというだけで憶えていてくれた教授。

商社時代、一緒に現場入りして、不慣れな私を幾度となく助けてくれた取引先の方。

そして、大した経歴のない私の能力を買ってくれて、
ナイジェリアに行くチャンスをくれた、けれども数ヶ月で去ってしまった、私の大恩人。

この三人の恩人の推薦を得て、大学院に出願しました。


"どこも受からなければ?"

結果を待つ間、姉に聞かれました。

"受かる。"

受からなければ、もう道は見えていなかったのです。


無事、全ての出願先から合格を貰ったのは、三月末から五月の間。
選んだのは、第一志望、誰もが知っている伝統校。

取り戻した自信と誇りと共に、浮き立つ足でフワフワと夏を過ごし、
三人の推薦者を含む恩人達に挨拶をして、渡英したのが九月末。
そして今に至るまで、ここにいて、自分の大好きな学問をただひたすらに学ぶ。

苦労は絶えませんでした。

劣等感ばかりが次から次に生まれました。
もともと話すのは苦手。英語を話すのはもっと苦手。
そして名門校ならではの環境。
なぜ同じ環境にいるのか信じられないくらい、違う世界を生きてきた人たち。
眩しくて、恐れ多くて、ただただ居心地が悪かった。

でも、ここにも救いの手はありました。

うまく溶け込めない私にいつも優しく接してくれた
他のコースの日本人の学生たち、日本に関心の高い学生たち、
そしてもちろんクラスメイト、指導陣。

予定通りあと一年二ヶ月をナイジェリアで過ごしていたら、
きっと出会えなかったであろう人たち。

九月から今までの間にここで出会えた多くの素晴らしい人々がいるから、
今、私は、あの時ナイジェリアを離れられたことを幸運だと思えます。

もう恨みも何もない。

長い長い時間を要する、野心的でいて完璧な復讐の道のりを思い描いていた一年前。
私を貶めた人を見返して、あの時の判断を恥じさせたかった。

でも、今、たった一年でこんな幸せを手に入れた。
世界最高の環境で、大好きな勉強ができる。
夢にまで見た憧れの人にも会えた。
ここを離れてもきっと未来まで繋がっていける、素晴らしい友人を得た。

劣等感、閉塞感、不安感、それは今もあります。
無能な自分がどうしようもなく不甲斐なく、塞ぐ日もある。
もう誰とも関わりたくないと思う日もある。
日本へ逃げ帰りたいと思う日もある。

でもこれは絶望じゃない。

だって私は、ここで得た全てのものに、
こんなにも深く感謝しているのです。


これは幸せと言うんです。

あんなに憎んだ人に、今なら、あの時はありがとうと笑える。
もう壮大な復讐計画など要らない。
私は私だけのために、私だけの夢を追える。

これを幸せと言うんです。

この一年は、そんな、幸せな、かけがえのない、素晴らしい一年でした。


では、これからの一年をどう生きるか?

また苦しむでしょう。
もがくでしょう。
打ちのめされ、涙することもあるでしょう。

でも這い上がる。

常日頃、壁にぶち当たるたび、
心が折れたときが終わりだと、自分に言い聞かせています。

目の前の壁に絶望を見たら、そこで終わり。
その壁を越える幸せが見えるか。
越えていく自分を描けるか。

心は、まだ夢を見ているか?


残念ながら、もう、純粋に夢を見ていられる年ではありません。

でもあと一度だけ。

次の一手に全てを注ぐ。
そして次の一手。
全力の一手、一手、一手。
それを繰り返して、
まだ先に進めると思っています。

その先に、夢見た世界が広がっていれば、そんな幸せはない。

前進あるのみ。
また一年、悔いのない年にします。



最後に、
一年前なら誰にも話せなかったことを、
今こうして文字にできるのは、
紛れもなく、この一年で出会った人々のおかげです。

あなたの笑顔は自然で素敵だ、と言ってくれた人がいました。

今、私が自然に笑えるのは、全てあなた方のおかげです。
ありがとう。素晴らしい友人たち。
今も、これから先も、ずっと私の宝です。
  

プロフィール

SJ

Author:SJ
大阪生まれ、東京かぶれ、オーストラリア、ナイジェリア経由、2013年英国にてアフリカ研究修士号取得。
関心事項はアフリカ、開発、国際情勢、日本の政治・社会、メディア。
趣味は海外旅行と映画鑑賞、写真撮影。
世界で一番好きなものは猫(大小問わず)。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。